0から始めるマリンライフ まったく興味のなかったボートの世界にひょんなことからのめり込んでしまった愚か者の話です。これからマリンライフを始めようと思ってられる方に参考になればと思います。

最近の記事
購入する!?
06/04 10:42
中古艇を見に・・・
06/01 13:14
マリーナに行ってみた…
05/19 10:56
何から学んだらよいも…
05/15 13:00
ミイラ取りがミイラ
05/14 10:39
ひょんなことから船に…
05/14 10:38
最近のコメント
mauretsuow…
Eekshyqw 05/25 07:01
wanwoyuig,…
Wpilfcse 05/24 22:05
diedegeor,…
Ewsrdwha 05/24 11:30
neconiel, …
Ooziqkaw 05/22 22:31
rinishieq,…
Kjxeewqu 05/22 17:28
最近のトラックバック

ミイラ取りがミイラ

そんなこんなで営業マンと免許更新の話をすることに。

前回の更新も期限が切れていたため、失効講習を受けたのだ。
今回も期限が切れているため失効講習を受けなければならない状況に。。。

ちょっと黙りこんでいたら、営業マンは話を変えてきたのである。

試乗した船は高すぎるから、もっと手頃なお舟があるといいだした。
それは、25フィートのヤマハ「ラクシア」という船を勧め出したのである。
船体価格約1000万弱。
それなりによさそうな船ではあった。
1フィート30センチで8メートル弱の船である。
それほど大きくもなく、かといって安っぽくなさそう。
というのも実物を見たのではなくカタログのため、きれいな写真ばかりでよく見えたのである。
素人の私にはすごく豪華に見えた。
しかも新艇である。

実際8800万円の後に1000万弱を提示されると安く思えてしまう。
でも安いわけではないが・・・

その後中古艇のパンフレットを持ってきて説明を始めた。
そこには25~27フィートの中古艇が載っていた。
価格は600万くらいである。

実際に車を買う値段くらいで買える船がたくさんあることを知ったのである。
でも車と違い年間の維持費などどれくらいかかるか想像もつかない。
噂だけでも相当掛かるといわれている。。。。

そうなると何となく調べてみたくなるのが私の性格なのだ。
日記 | 投稿者 ニンバス 10:39 | コメント(9) | トラックバック(0)

ひょんなことから船に興味をもつ・・・

昨年の10月にまったく興味のなかった船に興味を持つことになった。

それはとある車の展示会に行った時のことである。
たまたまその展示会と一緒にヤマハがボートの展示会をやっていたことに事が始まる。

車の展示会に行ったのはいいが、担当者がほかのお客さんの接客をしていたため時間つぶしのために、その担当者が気を利かせて、ボートの試乗を準備してくれたのだ。

当初、ボートの試乗を拒否したのだが、少々強引な担当者に無理やりに近い状態で船に乗ることになった。
その時はそのボートがどんなものかは、全く想像もつかない。
大きい船でありことや、豪華なクルーザーであることは解ったものの、サイズだのヤマハの営業マンがいろいろ言っていたがよくわからなかった。

その時に言われたそのボートの値段だけはしっかり覚えている。

「8800万円」!!!!

まったくもって私の手の出るものではない。
そんなお金があれば、早々に住宅ローンの返済に充てる!!

まあ時間つぶしに試乗に出ることにした。
もちろんこの時点では試乗も嫌だったのだが。。。
でもこんな豪華な船に乗ることなどそうそうないので、話のネタに乗ってみることにした。

30分ほどのクルーズを家族全員で行くことに。

港内をでて、内海ではあるが軽いクルーズをしている。
子どもたちは非常に楽しいようだ。
その船はメインキャビン(リビング)が非常に広く、立派なギャレー(キッチン)もある。
バウ(船の前方)にはベッドルームが2室あり、しかもシャワーやトイレもある。

アウトデッキ(船の後方のベランダみたいになったところ)も広い。
そこからハシゴの様な階段でフライブリッジに上がってみた。
そこでは5人ほど座れる椅子があり、操船もそこで行えるようになっていた。

そうこうしているうちに試乗も終わり港に戻ってきたのである。

この時点でも船には興味がない。。。

まず値段が馬鹿高い!!
それにこんな豪華なものを持っても使い道がない。
こんな大きな船を操船できるわけもない。。。

それに船のことを全く知らないので興味の持ちようがないのであった。
営業マンは必至のセールスをしてくるが、まったく興味のない私は彼の話を右から左に受け流していた。

試乗をおえ、帰りに営業マンがいろいろパンフレットを渡してくれた。
その中に船舶免許の案内があったである。

実は10年以上前に船舶免許を取得していたのである。
その免許の更新の時期を思い出したのだ。
ちょっと免許を取りだしてみると、期限が過ぎている(^^;

そこからが営業マンとの会話がスタート。
ミイラ取りがミイラになる瞬間であった。
日記 | 投稿者 ニンバス 10:38 | コメント(0) | トラックバック(0)
2009年 5月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ別アーカイブ
ホビダス[趣味の総合サイト]